角聖子の夢人通信

アクセスカウンタ

zoom RSS 様々な事

<<   作成日時 : 2011/03/27 15:44   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 5

この一週間、本当に深く考えました。
人間について、地球について、日本人について…

ここから何を学び、身につけ、今後に繋げていけるのか…これからが、一人ひとりの正念場のような気がします。

また真の復興とは、元に戻す事ではなく…本当に人の【心】を見つめた【新しい価値観に基づく世直し】をしていく事だと思いました。

私は日本人として、尚一層の【志】を持って頑張ります!!!

膨大な犠牲、膨大なる尽力に対して、甘んじていては大和おなごが廃るたい。


※東京の水が問題になった日、九州の母より電話あり。初めて「帰ってきたら」と言いました。
もちろん、私自身は何の揺るぎもないわけですが…私にとっての目的は、長く生きる事ではなく、いかに生きるかにある!を再認識した次第です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 14
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
聖子先生こんにちは。

短期間にあまりにいろいろな事があり、正直現実が受け止めきれません。

私もずっと出来事の意味を考えています。そしてつたない頭で一生懸命想像しています。

亡くなった沢山の方々のこと。苦しんでいる被災者の方々のこと。日本のために命懸けで作業してくださっている方々のこと。。

そして長い間、私達の為に一生懸命働いてくれ、そして傷つき悲鳴をあげ続けている福島第一原発のこと。。
石に心があるならば、燃料となっている石は今どんな気持ちなのかなと。。感謝の気持ちを持ちつつどうか安らかに眠りについて欲しい、ただただそれだけです。

聖子先生は長生きすることが目的でないとおっしゃいます。でも私からすると、真の真心をもつ方は大変かと思いますが絶対に長生きしてほしいです。
さらにひどい状況になりましたらお母様の言葉もぜひお考えくださいね。
GANCHAN
2011/03/27 21:10
天災は地球規模で起きている事だと感じているので、どこに行っても同じだと思います。私は首都東京でやる事がある。なので、ちょっとやそっとじゃ動きません。

これ以上の惨事にならないか?…それを心配するより、起こさないために頑張る。一人ひとりの意識が変われば、必ず立ち直る。そういった意味で、今は何処にいても皆等しく、正念場と思います。

頑張りましょう。明るく強く!
seiko
2011/03/27 21:34
はいっ!o(^-^)o
どんな時も、出来る限りの笑顔で!
GANCHAN
2011/03/27 21:41
聖子さん。
私はなんとかがんばって生きていますよ!
どうか安心してください。
いろいろなことをまだ受け止めきれなくて
3月11日以前のことが遠い昔のことのように思えます。
真の復興とはもとに戻すこことではないこと。
共感しました。私もそう思います。
私は・・・人々の思いやり、優しい心。
人の痛み、悲しみを分かりあえる心が大切なものだと思います。
わかってもらえる、心を寄り添ってもらえる、
それがどんなに哀しみで途方にくれている病んだ心に響くことでしょう。
優しい心、思いやりの心が大事です。私は今回のことで強く強く感じました。
どうか、どうか、わかってください。
聖子さんはわかってくれる方だと私は信じています。
音楽にはきっとそういう力がありますね(*^。^*)
どうかどうか、思いやりの心が世界中の人たちに広がりますように。
私は祈ります。
祈るだけでなく実践につなげていきたいです。
聖子さん、これからもがんばってください。
応援しています。
私も思いやりのある生き方をしていきたいです。




まりる
2011/03/31 08:00
まりるさん!無事でしたか!
福島の方々の事を思うと、また、楢葉町でやったコンサートを思い出すと、たまらない気持ちになります。あの時いらしてくださったお客さん、共演した合唱団の方々・・・そして主催者であった東電の方々も・・・
それぞれに、お一方おひとかたの貴い命であり、誰がいい悪いと争う時間はなく、ともかく日本中の皆が、
心一つに頑張る時!と思います。
まごころという心は一つです。いつでも、どこにいても繋がっています!
seiko
2011/03/31 10:05

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
様々な事 角聖子の夢人通信/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる