芸術の秋


昔の知人がホノルルシンフォニーの管楽器奏者で「ここじゃ、シベリウス(北欧の作曲家)はちょっとね」と言ってたのを思い出した。

常夏は憧れるけどね~。
やっぱ、四季折々がいいやね。
日本は恵まれている。
様々な文化を吸収しやすい土壌と思う。
♪~o(^-^)o~♪


で、今日はクラシック音楽のこわ~いお話しをしましょう。
(♪¬_¬)・・・★

以前、ある演奏家が、聴衆より寄せられたコメントに「あなたの演奏を聞いて死にたくなりました・・・」っつのがあったっつて、

マンザラでもなさせうにほくそ笑んでいた事があった。
( ̄ー+ ̄)ふっ


うっ・・・

(ノ―”―)♪”

そんな志しでいいものかっっっ

演奏聴いて生きたくなる人増やさねばだろーが
(`_´)/♪”

心で叫んだ私。。。

しかし、彼が満足したのもわからないではない。
クラシック音楽には、良くも悪くもパワーがある。


死にたくなるほどの絶望を与えられたっつのは演奏家冥利に尽きる、とも言えよう。

しかし・・・

私しゃ、ヤだね。

芸術に身を捧げる人生なんて。
身に芸術を捧げさせるべきだ!
(;`Д´)/~

そう思って取り組んでないと、クラシック音楽ってヤツとは立場が逆転する恐れがある。


両刃の剣・・・☆★


これはもしかしたら芸術といわれるジャンルに共通するものかもしれない。


んで、自分の葬式で流してほしい音楽を考えたんだけどね・・・
昔はフォーレのレクイエム(こいつぁ理屈抜きに美しかよん!)とか何とか言ってたけど・・・♪

そん時になったら、「お囃子♪」とか「炭坑節♪」とか「東京音頭♪」とか「津軽じょんがら節♪」とか、そういう音楽に乗って三途を渡りたい!なんて思っちゃうかもしれないなーってね。

生粋の日本人だもん。

(♪^0^)/~大和魂~


そんな風に考えるとね、自分にとって価値ある音楽って、ジャンルじゃない!と思うのね。

どう?

んー
が、それにしても急に寒くないですか?

みなさん、お体大切にね!
芸術より身が大事。。。
☆生\^o^/命☆

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

take
2006年11月21日 11:21
「あなたの演奏を聞いて死にたくなりました・・・」
ってコワ~イですね!!
やっぱり演奏を聴いて感動してもらえる、元気になってもらえる、そんな事を思いながらアマ・バンドの私なんか思いますが・・・
しかし最近急に寒くなってきましたネ!!
この前のバンドの練習で、とにかく本番まで体調に気を付けようと皆で誓ったのですが・・・
本番終わったらバテたりして!!
ちなみに私は、ZEPの「天国への階段」で三途の川を渡りたいかなぁ!!
でもこの曲いつかは、我々のバンドで演奏したい曲なんです!!でこの曲を「老人ホームで演奏するんだ」などとジョ~クをとばしているメンバーです(笑)

この記事へのトラックバック