間違えない秘訣


ここが知りたいのね?
覚悟はいいね?
先ず!
「間違えた事に伴う落ち込み」は万人に共通と言えよう。



「明るく」を加えてちょーだい。
太陽のごとく光り輝きながら・・・落ち込んでちょーだい。
☆\(^O^♪;´`)/☆

そんなの訳分からないって?
訳分かんない評価のもの(芸術)をやってる以上、訳分かんない事を受け入れるって訓練から始めるべし。

いいですね?




我々は、いかにして鍛えられてきたかを伝授しましょう。

そもそも、家で100パーセント弾けたから、本番でも弾ける!は大間違いである。
(-_-)・・・♪


大体2割りは引いて見込むように。

ゆえに、120パーセント弾ける状態で本番に臨む事。
そのためには、ひたすら反復!
(;`_´)/~♪”


しかし、ただ繰り返すだけじゃ進歩無し。

間違え易い所は細かく分析する事。

◎何故に間違う?

急いでないかい?
腕、手首、固くないかい?指のポジション、不自然じゃないかい?

興奮してないかい?
〔思いが強すぎると頭に血が上る=バランスを崩す〕

間違い易い所には必ず原因がある。

んだから、原因究明&改善を徹底し、その上で反復練習を重ねる事。

あくまで目標は120パー完璧!
(♪`´)/血&汗”


出来る?

んで


◎本番に臨む前は、腕をモミモミ(脇を揉むと落ち着く(?)という説もある)して血流を良くしておく。

◎ステージに出る瞬間に、集中力のスイッチを入れる。

◎本番中は何が起ころうが、怯まない。


☆つくづく言うが・・・ピアノは瞬間芸術のため、あらゆる事が起きる。

それを怖れるのではなく、ドキドキしながら愉しむ!っつう大胆さを持つ事。



「明日がある=次に賭ける」
とし、

「昨日を忘れる=前回は無かった事にする」

くらいのアッケラカンさも才能のうちである。

ケセラ♪\^o^/♪セラ
以上。


その昔・・・
脂性の知人は、本番で尚いっそうヌルヌル手になるため、何と練習時に手に油を塗り、ツルツル状にしてさらっていた。

う~涙ぐましい。
(*_*)・・・根性”


出来る?そんなこんな努力!

私は出来ないよ。血の滲むような努力。
機械的な練習なんかお尻がモゾモゾする・・・
♪”・・・(;´Д`)

だから演奏家にはなれないと思っていた・・・
(:_;)・・・♪”



ドイツ行って驚いた。

向こうの音大生はよく遊ぶ&「間違える&止まる」が平気。
(♪^O^)/~

日本じゃ留年・・・破門・・・だのに・・・師弟で和やかに談笑しているではないか。

「あそこのフレーズがイカシテたよ」
「はい!音楽的にノッて弾けましたから。」・・・
(♪ ^^)Y☆Y(^^♪ )


☆!

そっか

ここは価値観が違うんだ。
ムジカーリッシュ(音楽的)かそうでないか、が最大の価値基準となる。

そしてその価値観の世界で聴く&弾くと、ものすごくーく愉しい。
心踊るようなワクワク感で音楽に向き合えるのだ。
♪~)^o^(~♪

結果☆音楽に対しての集中力が養われていく!☆


もちろん、間違える事を喜ぶ人はいまい。
が、しかし何を優先とするか、どこに1番の価値を置くか、で違いが出るのだと思う。

また逆説になるが、そのように取り組み始めると、☆技術も向上する☆!


私は愉しい音楽観を伝えたいために、活動拠点を日本に決めた。

「音楽」が「音が苦」になりがちな日本の教育界に一石を投じたかったのだ。
(♪`_´)/~☆

またエラソーになってきたゾ。

ま、平たく言うと、
「もっと愉しく音楽しちゃおうぜ!」~ちゅう事ね。

が、しかし

私が何をどう言おうが、納得いかないものはいかないもんだ。

だから、納得するまでトコトンやってみてもらうしかない。

違う価値観を受け入れる事は、容易じゃないかもしれないもんね。

でもいつか・・・

「間違える?それがどーした、へのかっぱ」
(♪^.^♪)~

そんな音楽族が増えるといいなぁ~
♪☆~\^o^/~☆♪

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

この記事へのコメント

B♭
2006年12月20日 22:05
この野郎と思われながら、こいつを何とか救済してやろうという先生の親心に感謝、感謝です。

先生の言われることに反論することはほとんど何もありません。

「間違えた」ことについて仲間の方には全く先生と同じ気持ちで接します。

ただ、自分の話になると、”何だ””何故だ”になってしまいます。70年間、生活の中で培われてきた人格の問題でしょう?

ここを理解して頂きたいのですが、今まで他人の失敗(間違い)を責めたことは、悪意を持ったものを除いてありません。

ただし、自分には厳しくしてきたと思います。そのことで「落ち込み」が激しいのかも・・・

先生はビジネス、スポーツなどとピアノは違うと言われます。

私がこの指摘をどう受け入れるかだと思います。

安心してください。暗い気持ちでピアノに向かっている訳ではありません。家での練習も、先生の所でのレッスンも楽しくて、待ち遠しくて仕方がありません。

発表会から4日、今日初めてピアノに触れました。ピアノはいいなあとあらためて感じています。

まりる
2006年12月20日 22:38
B♭さん。
まりると申します。ぜひお友達になってくださいね。
ピアノはほんとにいいですね。私も大好きですよ~。
いろんな楽器をやっていますがピアノが私の原点です。ずっとピアノから離れていましたが15年ぶりに
ピアノにもどってきました。
私はそんなにうまくないけどこれからは
心をこめて弾いていきたいです。
年をかさねた分深い演奏をしたいです。
聖子さんの日本の歌シリーズを
みんなに聞いてもらいたいから
これからがんばってコンサートを
やろうと思っています。
のだめカンタービレってご存知ですか~。
私はのだめのような魅力的な演奏がしたいです。
めちゃくちゃだけどのだめの世界は魅力的。
魅力的な自分らしい演奏がしたいです。



B♭
2006年12月21日 07:56
まりるさん:

こちらこそよろしく。

のだめカンタービレ、この言葉はなんとなく記憶にありますが具体的には知りませんでした。

ネットで検索してみましたが、その情報量は凄いですね。勉強してみます。

もっとも”らしい”CD名教えてください。

テレビ・ドラマまだやっているのでしょうか?
aya
2006年12月21日 21:42
まりるさん、はじめまして。
まりるさんものだめ、見てますね♪
私もこれだけはビデオにとってでも見てます。
マンガ本でも夢中になりました。
私ものだめのように弾けたらいいなぁ・・と思ってます。
今は子育て中心でピアノが離れがちなので、このドラマが私のピアノに向かう原動力になってます。

seiko先生の演奏や、言葉もすごく原動力になってます。
来年にでる楽譜が待ち遠しい!!!

B♭さん、私は間違えないで弾けたためしがありません。昔こわーーーい先生に習っていたとき、胃がきりきり、音楽より先生の反応を感じながら弾いたものでした。今でもピアニッシモとか弾こうとすると気がつくと息をしないで体をきゅううううっとさせているときがあります。
今は間違えることも気にかけますが、音楽的に弾けているかをまず考えて弾いています。
優先順位を変えて弾いてみると違った音楽が奏でているような気がしますよ。
まりる
2006年12月21日 22:47
B♭さん。
のだめはフジテレビ系で月曜9時にやっていて来週最終回です。
ぜひみてください。
http://wwwz.fujitv.co.jp/nodame/index.html
今日ハープの先生に
「ハープは他の楽器と違って場所がかわると弾けなくなるから。
家で練習するときは場所を変えて弾いてみて。
ピアノは鍵盤は白いままで景色は同じでしょ。でもハープは弦のところを見ながら弾くからステージでぜったいあがる。本番でいつもどおり弾けたなんて人はめったにいない。指もきっと震えるよ。」
と言われ場所を変えて弾いてみたら本当に弾けませんでした。
B♭さん 私もやばいです。あさって発表会なのですがぜったい弾けなくなりとまってしまいそうです。
でも、先生は「本番をたくさん重ねて失敗してそして立ち上がってまた失敗して立ち上がる、その繰り返しで強くなっていくのよ。フィギュアスケートと同じだよね~。失敗しても立ち上がること。そしてうまくなっていくのよ。」
とおっしゃっていました。B♭さん 音楽は体育会系みたいです。
seiko
2006年12月25日 00:29
まりるさん、本番は楽しめましたか~?
take
2006年12月25日 12:33
まりるさ~ん!!
本番ど~でしたか???

この記事へのトラックバック