感動・その2

ルツェルン音楽祭での、マーラー♪東日本へのトリビュートとして演奏されたもの。素晴らしかったです!
♪(;_;)♪

音楽する喜び&幸福感に溢れ、生き生きとしていた♪ピアノ学習者には、是非聴いて&見ていただきたかった演奏でありました!

(^-^)v♪

ピアノのコンサートでは、手の見える位置から席が埋まっていきます。それも悪いこっちゃない。んが、いくら手指を見つめても、弾けるようになるとは言えないぞぃ。(昔は、楽譜持ち込みで、演奏聴きながらカキコしてた人もおらっしゃりましたね。ギャオ)
(^_-)-☆♪


それより何より~演奏家が、どんな風に音楽を感じ、どんな気持ちで音楽と向き合い、どう表現しようとしてるのか?に、焦点を当てた方が良ござんすよ♪

要するに、演奏家の感性を感じようとする事。何故なら、感性が出発点だからであります。

(^-^)/~~♪


感性?そんなん、わからん!なんて、言わないでね。
【感じよう!感じ取ろう!】

と、試みる事が大切と思います。
ちゅうか、感性も鍛え&磨けば、バンバン育つ。

怠けると、鈍感になる。
(^_-)☆♪

ポイントは、自分の感性の【可能性を信じる事!】

※経験上…ピアノを続けている人に、鈍い人はいない。(-_-)~敏感♪

で、ピアノ学習者はピアニストばかり見つめず、オーケストラを聴く&観る!もして下さいね。

ピアノちゅう楽器は、一人オーケストラですから♪

で、弦楽器の弓の動き&管楽器の呼吸なども、見る&聴く!

これこそ、ピアノの奏法に活きます♪
(♪^.^)/~☆

ピアノの前に座り、指動かすだけが、練習ではない。

幅広い学び方をする。そして、経験する全てをピアノに活かすのである。っつうか、そんくらいの意気込みを持つ♪すると、事情によりさらえない日が続いても、落ち込まずに済みましょう。

マズイのは、練習不足より、感性の鈍化でござる。
で、肉体は下り坂になろうとも、感性は死ぬまで上り坂。本人が蓋をしない限り。そこは信じて、8月を〆ましょうぞ!

へて9月へ
(♪`_´)ゞ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 18

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

kamo kamo
2011年09月01日 18:27
今練習している曲は、兎に角メロディーが掴みずらく
先生のお手本が有ったって、聞いた時は解った様な気がしますが、自分で弾くとえらく調子はずれに聞こえていたのが今週の月曜日、眠くは成るし、飽きるしいやに成ってました。火曜、水曜、木曜日毎日暇さえあれば右手練習を続けました結果、ツッカエル、トマル、どこだかワカラナク成りながらもヤット両手で弾けるところまで来ました。私にとってはこれが感動です。上手に弾ける方が良いに決まってますが。年寄りにモチベーションを持たせてくれる先生に乾杯。

この記事へのトラックバック