人前で弾くって♪

画像
家では弾けるのに、何故、レッスンや発表会だと上手く弾けないのか!?この悩みは、大人ピアノ学習者の、ほぼ100パーと言っても過言ではありますまい。

一つは、人前だと人を意識し、(どう思われるだろう&何を言われるだろう?等)集中力が散漫になるため。


また、「間違えたくない!」という思いからか、用心深くなり過ぎて、本能的なカンが鈍る=指がもつれ易くなる、ため。

要するに…人前では少しでも良く弾きたいとの思いから、意識過剰となり、見つめ過ぎたり(譜面や鍵盤を)&聞き過ぎたり(邪念を含め、余計な音を)するからですね。

(-_-)~♪

意欲や頑張りは必要だが、重箱の隅をつつくような、行き詰まっていくような極め方ではなく、腹8分的バランスが大事と。


つまり、ちっと間違えても、「ま、いいか」と思える余裕。もっと言うと、そこそこ弾ければ「よかろう」と思える寛容さ。自分自身への。
(^_-)♪

で、上手にアメ&ムチを使い、ともかく続ける事。継続こそ力なり。っというか、長く続けないと、ピアノの本当の魅力にも気付かず、ピアノがどんなに自分を支えてくれる存在かもわからないのであります。

実は…人前で思うように弾けない…は、当たり前というか、普通の事。なんで、落ち込むような悩みではなく、当たり前な事として共存していけば良いと思う。


ある男子生徒いわく…「上手く弾けなかったのに、丸を貰うと、あ、先生諦めてお情けで合格させてくれたな、と、思う。でも、家に帰って弾くと、間違えずに弾けるんだよね。お、先生は弾けるのがわかっていてマルくれたんだな。凄っ!と思います」と。

そーよ。レッスンで弾けなくたって、それがホントに弾けないのか、ちょっと緊張して一時的に弾けないのか、それは即わかりますゆえ。
発表会とかでも同じく。


極論すると…どんなにグチャグチャになったとしても、実力は伝わるって事です♪
そういった意味では、努力は必ず報われるのですよ。

(^-^)♪☆


ちなみに、私の最終目的は、長生きして死ぬその日まで、元気に弾く事♪
高齢になった時、音楽の感じ方や、アプローチの仕方ってどうなるんだろう?興味津々であります。何故なら、自分の中に在る音楽は、年月と共に熟している感じがするからです。

(*^o^)/\(^-^*)

【本当にいい演奏は、きっと、いい歳を重ねた先にある!】

そんな風に思うと、明日に向かって、楽しく頑張れますぞ。昨日より今日。今日より明日。

楽しく楽しくq(^-^q)ガンバ~♪

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 27

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

クララ
2013年09月02日 22:38
先生の著者を見つけて、先生の存在を知りました。ブログを読みながら頷いたり、勇気付けられたり。わたしも健康で死ぬ間際までピアノを弾いていたい!活力、慰め、癒しなどなどピアノには魅力満載!いずれ謝肉祭に挑戦したいな!
seiko
2013年09月02日 23:11
ありがとうございます。夢と希望を持って頑張りましょう~!♪

この記事へのトラックバック