銀座一丁目

画像


画像


画像


夫がグループ展に出品しているため行ってきた。

小さな小さな画廊なのだが、一瞬「ここは何処?私は誰?」って・・・
(-.-?)☆

昔のヨーロッパにいるような錯覚に見舞われた。

パリの古いアパルトマン!って感じ。

こんな所が、平成の日本に残ってるんだぁ~って、先ずアンティークな建物に衝撃を受けた。

&もち
☆!エレベーターは手動!

指挟まれないよう、めちゃめちゃ気をつけて乗った。扉が二つ。中は黄色い蛇腹とびら(!?)で、閉め忘れると警報が鳴るのだが、奥床しく控えめな音でね「ぴぃぃ~♪”」って。

その度に誰かが閉めに行くシステムみたい。
私がいる間も何度か鳴ってたわ。
(-.-Pi)~♪”

何だか、とっても懐かしい空間で、長~く居たい感じの画廊でした。

出品作は、どれも個性的でこれまた面白かった!
音楽もそうだけど、絵画も「その人」が出るよね。

そこが好き☆!


夫の作品は・・・かれこれ10年の間で、色々変わった。
(松^0_0^)/~


「変化してるのね、いい人生歩んでんのね!」と思った。

今年はカラフルな建物の絵が中心だ。どっかに三角があって、多分それは東京タワーだと思う・・・

聞いても答えてくれないのでわからないけど・・・ご想像にお任せしますって!
(♪¬_¬)・・・?


まぁそんなで、分野の違う同志みたいなもんなんで。
クールに(我らの職業には大切)温かく(これも大切)見守って行こう(エラソーに)と思っている。。。
ではまた~

\^o^/~♪絵♪

"銀座一丁目" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント