緊張~る


緊張しなくなる方法はないものでしょうか?
これは相談件数が断トツに多い。

「二度目は弾けるんです」
「うちでは弾けるんです」
んな、訴えるような眼差しを向けられても・・・
(♪¬_¬)・・・


気持ちはよ~っくわかります。。。

がしかし、緊張しなくなる方法なんか無いに等しい。

キンチョーしても何しても、
「弾きまくる!」
「出まくる!」

そのうちに強くなってゆくのだ!!
(強`_´)/~


失敗したって何だって、続けていくゾ!って決心する事で、強くなる。

思い通りに行かなかったら辞めよう・・・
(諦´Д`)・・・

なんち思ってると半端なまんまになるよー。


☆すべての本番は、一つの通過点であり、その時の結果がどうであれ、その通過点をどう先に繋げるか、が大切。
)♪^o^(/~


先日、あるお父さんより真剣な相談があった。。。


いわく、古希を迎えた同窓会で、みんなをアッと言わせてやろう、とピアノを弾く事に決めた。

ところが張り切って幹事も引き受けた彼は、超多忙になってしまった・・・

気合いが入った、入り過ぎた(多分)、そして当日。

「数人の先立った友を偲び、心を込めて弾きます」
と告げ、ピアノの前に座った・・・
そして感動的な場面が繰り広げられようとした、その時!


見た事もないような光景が・・・「自分の手が鍵盤につかないくらい震えているんですっ」

そんじょそこらの震えとは訳が違う、今だかつて味わった事のない震えだったそう。

そして、思うに、その現象にショックを受け・・・彼としては真に不本意な結果になったのだ、と。
(-.-;)・・・♪”


幹事としては大成功を収め、皆に感謝され、そして

「お前、この上ピアノが上手かったら嫌味だよ」と慰められ。その慰めにまた傷つき・・・。

しばらく立ち直れなかったらしい。

(-_-メ)。。。♪”


◎先ず、不本意になった原因だが、幾つか考えられる事はあると思う。

(1)幹事という大役にプラスしてピアノを弾くのは、誰だって容易ではない。


(2)ホテルのピアノは響きに慣れないと、難しい。自分に返ってくる音、聞こえ方が独特なのだ。



(3)心を込めて弾く場合・・・家でもいつでも心を込めて弾いていないと、本番で戸惑う。

☆!要するに、震えた原因は必ずあり、それを一つずつクリアすればいい。。。

。。。そして後日談。

これをトラウマにしてしまってはいけない!と思った彼は、人前で弾きまくった。
一回、二回、三回・・・

そのうちに、だんだんだんだん回復していったらしい。。。

ヤッタゼ!

(♪^0^)/☆”

私はこの話しに深く感動した。


彼は、その通過点を活かそうと努力したのだ。
その姿勢は何より貴い。
何より素晴らしい。

それは、立派な音楽家としての姿勢である。

\^o^/パチパチパチ


誰でも緊張する。手も足も震える。

でも、そういう現象を上回る感動的な音は、出せるのだ!

だから、そんなもんに振り回されてはいけない。

そしてもし本番中、そういう現象に見舞われても、
「驚かない&諦めない!」
震えながらでも、いい音を出す事に集中しよう。
間違えたってなんだって、一音心に届く音があれば、印象に残る=成功なのだから。

演奏というのは生ものだからね、色~んな事があるの。

み~んなが経験する事なの。

だ・か・ら

何があっても続ける決心!これほど強くなれる事ってない、と思わない?
o(^-^♪)(♪^-^)o

みんなで楽しくガンバ~!(♪ ^^)Y☆Y(^^♪ )

"緊張~る" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント