さつまどり

画像

ピアノに集中してると甘いもんが欲しくなる。
甘いもんを止めるコツ!
または甘いもんに変わるもん!があったら教えて下さい。


甘味=スゥイーツ
=dolce=甘美に=美味しそー=つい口に入れる。

しかも西洋ものが好き=バター&お砂糖=脂肪

ピアノ弾く運動量というのは上半身だからね!

下に下に溜まろう・・・うっ。
((-.-;))~太っ


ピアニストの大多数は恐らく、ドレスに覆われた下にゃ等しく、霜降り級のナニが居座ってなさると思います。

((♪^_^;~太っ


ピヒト先生は違ったよ。菜食だったし、レッスン日のお昼はいつもオレンジ一個&小ぶりのケーゼブロート(チーズを挟んだ黒パン)一個だけだったし。

骨皮筋子さんのような身体つきで。
♪~(∵)~細っ


それだのに何であんなデカイ音が鳴らせたのか!

地響きのような・・・
気合~\ ̄♪ ̄/~集中


精神統一のなせる技だったのか?
空手で瓦割る瞬間のような、凝縮されたエネルギーを感じる時もあった。


そうよ、何てったって先生は意思強靭だったもん。。。


甘いもんだって、止めようと思っ途端に食欲脳がブロックされる!
そんな心身構造だったに違いない。


☆肉体より精神が勝っている、つぅか。

☆身体に振り回されない、つぅか。

☆!それはピアノ演奏の極意ではないか!?

「指が動かない」から「表現出来ない」とするのではなく、
「表現したい」ために「指を動かす」という。

表現意欲(精神)に、指さばき(肉体)を従わせる!という。

先生はそれをピアノだけではなく、全てに於いて実践していたのだ!

感動と共に師を思い出し。♪~(┬┬_┬┬)~♪


だのに&しかし


おじの香典返しに送ってきた「さつまどりサブレー」ってお菓子。

美味。鹿児島名物。
☆☆☆\o(^-^)o


鳩サブレーを圧倒的に越えた軽い食感とほの甘さ。


亡きおいちゃん&先生を偲びつつ・・・いけないいけないと思いつつ・・・パクパク食してしまいました。
(-.-+)☆

"さつまどり" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント